習得記事終了のお伝えとお機関商い的カレッジ職責

m0007
1ヶ月がキャンパスで卒業ニュースのトピック発表だった。結論から言うと、我々は卒論を提出できなくなった。私の学科では卒論はセレクト性ですが、教務課の事務員に因ると、後期から留学に行った学徒は卒論が発表できないとか。「はぁ?」とホームで混乱する我々。事務員の言い分では、卒論を提出するためには通年でキャンパスに在籍している必要があり、我々の場合、4年生の1ヶ月から昨今1ヶ月まで留学に行っていた結果、私の学科の特有では卒業ニュースを提出することはできないみたい。我々は外国語系の学部に所属してあり、仲間のドイツ語学科の学徒は留学している時はに執筆した卒論の発表を認めてもらったみたい。我々の場合、昨年の前期のうちに卒論を著作し、ゼミナールの個々師範にすでに中身を確認してもらっている。ゼミナールでのアナウンスも個々師範のはからいで済ませてあった。1ヶ月の卒論発表は問題ないのではないか。しかし、私の本音に対する教務課の事務員は非常に事務的であった。―「あなたの学科では前例がありません」「通年で在籍していない学徒の卒論発表は認められません」―前例がないのは、今まで海外に留学する人数が少なかった結果であろうか。学徒も多才化やるグローバル年代で、前例がないから認められないというのは少し頭が固いのではないだろうか。なにはともあれ、我々が書いたニュースは私の学科にとっては特に価値のないものであったということだ。専用授業を除けば、卒業前提単位はすでに満たしてあり、卒業は問題ない。しかし、昨今年の卒業論文集に私のタイトルが載ることはない。3年生の前期から卒論の備えを動き出し、和書だけではなく、複数の用語から先行探査をそろえ、さらに実際に現場にも宿泊して現場内偵を行ったこと、講習師範と見解を戦わせながら書き上げたことはなるほどキャンパスにとっては無特長だということです。